起業スタート.jpの起業支援

会社か個人事業の選択 起業支援サポート

事業形態の決定!

どんな形態で独立するのか

会社を設立してはじめるか個人事業ではじめるか迷うものです。
これからはじめる事業が会社、個人事業のどちらが最適なのか、それぞれのメリットデメリットを比較して判断しましょう。

会社 個人事業
設立手続きと費用 定款の認証と登記の手間とお金が
最低でも24万円くらいかかる
税務署等への届け出でだけ
簡単で0円
資本金 資本金が必要 屋号
経理の記帳 複式簿記による 簡易または複式簿記
事業内容 定款に記載が必要な業種もある フリー
社会的信用 大幅アップで有利な場合もある 小さい小規模だとみられる
取引先 取引しやすい 取引ができない場合がある
社会保険 適用事業所は強制加入 加入できない
責任 有限責任 無限責任
個人のお金 会社のお金と区別ができる 個人的なお金と区別がつかない
最初は、少人数で小さく始める場合は、個人事業でのスタートがお勧めです。
取引先が会社でないと仕入れできない等の制約がある場合または資本金がある程度ある場合には、会社でスタートするのがお勧めです。

開業までの流れ

会社を作ったらその後が大切です。会社設立後の設備投資が多額になる場合には、消費税の還付を考えて課税事業者選択の可否判定や一定の期間までに青色申告承認申請など税金が絡みますので、注意が必要です。
会社にすると帳簿が複式簿記で記帳し毎年決算期を迎えるごとに決算を行い法人税などの確定申告をする必要があります。
当社では、会社設立前のご相談から会社設立後に必要になる税務会計を顧問契約することにより会社設立だけではなくその後(会社設立後)も経理・経営相談・税務支援により会社の発展をサポートしていきます。

起業支援サービスパックの特徴

  1. 税務会計顧問契約のセットで、会社設立手数料0円で設立、セットにすることで低価格を実現。
  2. 当事務所は、税理士と司法書士を兼業しているので、会社設立にかかる外注費が不要です。
  3. 開業準備の創業計画書の作成から起業をサポート・・・会社設立前の開業準備の段階から面談による無料相談会を随時予約により行っております。
  4. 開業後も経理・経営相談・税務顧問により会社の発展をサポートします。
会社設立後の経理・給与計算・経営相談・税務・法務のアフターサービスも専門家により完全サポート お問合せ、ご相談はコチラまで